INVALANCE KNOWLEDGE

INVALANCE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE02

不動産業界におけるIoT活用の未来

不動産業界におけるIoT活用の未来 | 株式会社インヴァランス - INVALANCE -

不動産業界におけるIoT活用の未来

様々なものがインターネットにつながる「IoT」というキーワード。最近よく耳にする言葉としてご存知の方も少なくありませんが、このIoTにまつわるテクノロジーが不動産業界にも新風を巻き起こす可能性を秘めており、現実的なビジネスシーンでの活用が期待されています。ここでは、不動産投資におけるIoT活用とは具体的にどんなことが考えられるのか、今の市場を概観しながらその動向について見ていきます。

不動産業界にも押し寄せるIoTの波

様々なデバイスがインターネットにつながることを意味する“Internet of Things”の頭文字をとったIoT。具体的には、照明やエアコンなどの家電や自動車などの製品のみならず、温度や湿度を測定するセンサーデバイスにもインターネット接続のための通信手段が内蔵され、様々な情報を収集して可視化することが可能な時代になっています。このIoTにまつわるテクノロジーは、実は不動産業界への応用も期待されており、不動産に関連した様々な情報が集まることで、実際のビジネスに革新をもたらす可能性を秘めています。

IoTによる付加価値「不動産とITの融合」

こうしたIoT技術を活用する対象が住宅向けとなり、スマートハウスやスマートホームと呼ばれる新しいライフスタイルも生まれています。「家の中のあらゆるモノがネットワークにつながり、便利に使える」という概念は以前から存在し、ビジネスとしての定着につながらない状況もありましたが、モバイルインターネットとスマートフォンの登場によって、一気にその活用や技術開発が進むようになりました。

私たちの生活において身近に使用されるこれらの通信環境やデバイスは、エネルギー・コントロールやホーム・セキュリティ、 フィットネス、介護、遠隔患者管理などのヘルスケア、またオンラインビデオやゲームなどのエンターテイメントに至るまで、新たな市場やビジネスチャンスを拡大させており、不動産とIT、あるいは不動産とネットワークがつながることで、ライフスタイルやビジネスモデルの変革が行われようとしています。

ネットワーク化された不動産という視点で今後の動きを見てみると、スマートフォンと連携する様々なデバイスも登場し、快適な生活を送るための様々なサービスが生まれていくことが予想されます。

オススメの記事

  • 2020年までにロボット・AIの発達で500万人が失業?AIと共存する世界とは?

    2020年までにロボット・AIの発達で500万人が失業?AI...

    最新テクノロジー 最新トレンド 市場
     
  • “不動産テック”がもたらすインパクト | 株式会社インヴァランス - INVALANCE -

    “不動産テック”がもたらすインパクト

    不動産テック 最新テクノロジー