株式会社インヴァランス

RECRUIT INTERVIEW 社員インタビュー

仕事内容やはたらきがい、めざすキャリアなどをお伝えします。

自分らしさを突き詰め、
独自のスタイルで
ファンをつくる。

アセットコンサルティング部 / 千見寺拓実

入社の経緯について

自分の価値を
高められる場所。

大学では、農学を専攻。バイオを学んでいたこともあり、食品メーカーなどで研究職を志望する人が周りには多い中で、自分は別の切り口で就活をしていました。今後の人生に役立つ知識が身につく仕事は何か。かつ実績重視の環境でやった分評価される会社はどこか。そんな時に出会ったのがインヴァランスです。不動産業界を受けて回ったわけではなく、当社の考え方に共感できたことが興味を持ったきっかけです。ここなら不動産投資に限らず人生に必要な金融知識が身につき、営業として年次に関係なく評価される。そんな環境に魅力を感じ、入社を決意しました。

仕事のやりがいについて

苦しみを乗り越え、
スタイルを確立。

希望通り営業に配属となったものの、なかなか成績が上がらない時期が続きました。私はガツガツ営業するタイプではないのですが、成果を出している同期は押しが強い人が多い。自分もそうするべきか…。そんな悩みを抱えていた時、上司から「周りと比べず、人として、営業としてどうありたいか。どんなこだわりを持って仕事をするかを大切にしよう。」と言われ、目が覚めました。自分らしく、押しすぎず、相手が自然に投資の話をするまでしっかり寄り添いつづける。すると、不思議なほどに、これまで繋がりのあった方から紹介や相談が舞い込むようになり、一気に営業成績が上がり始めたのです。あの先輩の言葉は、今でも自分の中で大切な指針になっています。

今後の目標

関わるすべての方を
ファンにできるように。

営業で3年間経験と実績を積ませていただき、係長に就任。4年目からはステップアップを考えセミナー課へ異動しました。これまでの営業は、同世代や自分が接しやすい方がほとんどでしたが、セミナーはお客様の年齢幅も広く、知識をお持ちの方も多い。より提案力が求められる環境です。はじめはお客様のほうが投資全般に詳しく、言葉に詰まってしまうこともありましたが、学びと経験を積み重ね、講師としても営業としても以前よりレベルの高い話ができるようになったと実感しています。それでもまだ、学ぶことが尽きないのが面白いところ。もっと貪欲に、妥協せず自分を磨き、千見寺ならではのスタイルで関わる方全員をファンにできるコンサルタントをめざしていきたいです。

PROFILE

入社後アセットコンサルティング部に配属。営業を3年間経験し係長に就任。その後さらなるステップアップに向けて同事業部セミナー課に異動。セミナー講師として壇上に立ちながら、コンサルタントとしての高みをめざし続けている。

その他の社員インタビュー

その他の採用情報

PAGE TOP